妻のスマホの壁紙選抜

今週のお題「ホーム画面」

前に投稿しましたが我が家では妻のスマホの壁紙選抜が毎月行われています。俺の撮った写真が妻のお眼鏡にかなうかどうか。ライバルはLINEのうさまるの壁紙とか、年賀状の寅とか、妻が自分のスマホで撮影した息子・娘たち

 

ushi-pei.hatenablog.com

 

5月はGWに色んなところに行った甲斐あって、見事に妻のロック画面とホーム画面どちらも勝ち取ることができました

 

ロック画面はSL人吉

縦サイズにトリミングされてちょうどいい感じにSLが収まったことが決め手だったようです

 

ちなみに私のロック画面はこれにしました。スマホの画面全部がSLの顔になってます

余談ですが、SLは息子の憧れの電車。しかし実物を見ると、汽笛と車体の迫力に大泣きして逃げ出しました(笑) 今も家で時折、

「えすえる、こわかったネー!!」

と回想していますw

 

そしてホーム画面は玄海町・浜野浦の棚田

夕陽と撮るのが人気のスポットですが、正午の澄み渡る青空と海もいいもんです。ゴールデンウィークは特に人が多く一方で駐車場は少ないので、夕陽の時間に来てたら子連れで降りるのは無理だったかも・・ラッキーでした

浜野浦の棚田 - 玄海町ホームページ

 

----- ✂ -----

6月~7月には菖蒲や紫陽花のリクエストが待っています

年々妻の要求も上がっており、厳しい戦いになりそうです。。

(つづく)

マリノアシティ福岡で息子の観覧車デビュー🎡

実家に帰省している間にマリノアシティ福岡に行きました

目当ては息子が憧れている観覧車に乗ること🎡

この本に素晴らしい観覧車の写真があって、そのページを最後に開きっぱなしにして読書を終えるのが息子の最近の日課となっておりました

 

www.marinoacity.com

 

お誕生月の人が居れば2周乗れるらしい。ひとつだけあるのピンクゴンドラがお誕生月専用か?

俺がその特典に該当するので期待して並ぶと、普通に青のゴンドラへのご案内でした

 

 

1周目は色々あって息子ギャン泣き(笑)

けれど2周目が始まる頃には、すっかり落ち着いて楽しそうに。誕生月でよかった~。みんなで記念撮影なんかも撮ったりしました

しかし降りた後に「赤い観覧車乗りたい~~!!」とまたギャン泣き(笑)

 

・・・

赤い観覧車はここには無いからまた今度ね✋

都内で「あらかわ遊園」に行こうか検討中です→

 

(参考)

news.mapcamera.com

 

(つづく)

やらなくていい仕事を探しましょう

今週のお題「サボりたいこと」

SONY α65 + SAL1680Z

やらなくていい仕事を探すのがモットーです

これは新卒新入社員として入社した最初の会社で入社2ヶ月くらいの時に先輩に教わったことです。研修で営業に同席させて頂いた後の車中にて、、

 

俺(フレッシュ):営業の仕事の秘訣ってなんですか?

先輩(中堅):やらなくていい仕事を探すことやな

俺(フレッシュ):はあ・・・(???)

 

当時は全く意味が分かりませんでした。反感さえ覚えました。だってそうでしょう、「自ら仕事を探しなさい」と研修を受けて現場に送り込まれてるし、当時の自分は承認欲求強く鼻息も荒かったので・・

 

 

で、営業を続けて5~6年後くらいにこの言葉の真意に気付くのです。その時はすでに転職して2社目の会社に勤めていましたが(現在は4社目)。こういう考え方を授けて下さった先輩にはとても感謝していますし、風の噂で現在支店長をやっておられるとお聞きしましたから、やっぱり仕事ができて周囲の評価も高いお方だったんだなぁと思います

 

 

特に営業の働き方としてはかなり重要なことで、やらなくていい仕事をやらないことはサボることとイコールではないのです。でもそれをサボってると捉えて色々言ってくる人が、やっかいなことに結構いるのが職場の常です。やらなくていいことをやるのが美徳みたいな風潮なんですよね

それならそれでそういう人にはサボってると思われても別にいいので、やらなくていい仕事はやりません。言っても聞かないアホだと思われてもいいし、そう思わせといた方がむしろ得です。そしたら、自分のやらなくていいことをやるべき人がちゃんとやってくれるようになるので。ニュアンス、伝わりますかね?笑

 

最近この話をようやく理解した同僚が1人います。彼はやらなくていい仕事をやらされ続けることで、状況がどんどん悪い方に転がっていたのです。客観的に見て

幸いなことに、私の上司は私のこの考え方を理解しています。スタンドプレーがうまく体育会系の職場の上司と言う性質上、絶対に私とこういう話をすることはないでしょうが、私から見ても彼はアホのふりが抜群にうまい。そのスキルを活かして私たちに、人によっては「無駄の極致」とも見るようなテレアポという業務を最優先に強いてくるのがちょっとアレレなんですが(笑)

 

guchiyama.com

 

まあその上司の考え方を利用してうまく立ち回って、周囲にやらなくていい仕事はやらないスタンスを主張する術を同僚には説きました。素直なのでよくできるようになったなと感心しています。人の成長を見るのが俺は一番楽しいですね

 

 

はぁ・・営業をサボりたい。ていうか営業職はもうやめたい

 

(つづく)

 

**写真は前回に続き実家シリーズでした**

ushi-pei.hatenablog.com