テレアポでふりかえる2021年

今年覚えた俺のニュースキル「テレアポ」で2021年を振り返ります。

1月→

新年、気持ちを新たに転職。

自分の仕事がテレアポしかないことを知り、愕然とする。

 

マジか…

 

f:id:ushi-pei:20211231145444j:plain

1月の写真「WELCOME...」

2月→

自分より10歳くらい年下のAさんにやり方を教えて頂き、テレアポスタート。

本当にテレアポしかやることがなくて、毎日クタクタになった。夢でも電話をかけていた。

---

意外にも50件目くらいで初めてのアポがとれた。

同情して会ってくれただけ

 

f:id:ushi-pei:20211231145557j:plain

2月の写真「京成金町線

3月→

その後も1/50くらいの確率でアポとれるようになったが、全然予算感が合わず

これには色んな理由があるのだが、とりあえずテレアポベースで理由語らせてもらうと、

 

メンバーが一度自分のリストに入れた企業は永久にその人の担当になるというクソみたいな仕組みだったため、みなさんがご存知の企業はだいたい誰かのリストに上がっており、俺がかけれる企業はほとんどなかった。

泣く泣く俺は毎日日経MJ新聞を読み漁り、新商品をリリースした誰も知らないような企業をリストアップしてテレアポを続けたというわけ。

 

いやいや、思い返すとマジでクソだな

 

f:id:ushi-pei:20211231145610j:plain

3月の写真「柴又の三猿」

4月→

「なんでこんなカスみたいな企業ばっか集めてんの?」

上司の言葉である(原文ママ

 

なんという極悪非道。さすがに抗議した。

ナ〇キに電話かけて断られた人が、いつまでもナイ〇を自分のリストに残し続けて、その人がやめるまで誰もナ〇キに営業できないのおかしくないですか?

そんな状況だから、あなたが期待されるような企業で私の分は全く残っておりません

※ちなみに社歴は俺がいちばん浅い

 

晴天の霹靂のような表情で、ただちにこの問題(笑)の解決に着手すると決めた上司

こうして、テレアポのリスト運用を俺に丸投げ委ねられた。

 

f:id:ushi-pei:20211231145622j:plain

4月の写真「中野の逸品グランプリ最優秀賞」

5月→

われながらスマートでチームワークを円滑にするテレアポリストフォーマットをつくったと思う。

ただ、俺がナ〇キに電話かけれるようになったからって、ナイ〇のアポがとれるわけではない

 

f:id:ushi-pei:20211231145639j:plain

5月の写真「成田山新勝寺

6月→

ここまでで通算1000件くらい、アポとった企業は15社くらい。

ようやく仕事になりそうなアポがとれる。

 

f:id:ushi-pei:20211231145645j:plain

6月の写真「紫陽花」

7月→

コロナがいったん落ち着き、仕事に外出・出張というファクターが加わる。

ただし、出張先の訪問企業はやはりテレアポで開拓するしかない。

福岡の友人になんとかならないか相談。なんともならなかった。

 

f:id:ushi-pei:20211231145649j:plain

7月の写真「浜名湖サービスエリア」

8月→

いつのまにかテレアポで名が上がっていたらしい。

自席で半年にわたりえんえんと電話かけ続けているやべー奴がこの会社にいると。

 

え、みんなやってきたんちゃうの?

 

f:id:ushi-pei:20211231145654j:plain

8月の写真「家庭菜園」

9月→

半期の決算。

テレアポの成果をレビューした。

 

「だいたい1000回くらい電話したら、1社商談につながります!(( ・`д・´)キリッ)」

 

f:id:ushi-pei:20211231145710j:plain

9月の写真「千葉県岩井海岸付近」

10月→

こちらは巡りあった貴重な1社と丁寧に商談をしたいのだが、上司的にそれはNGで相変わらずテレアポやれの圧がすごい。

「こいつらカスみたいな企業しかアポとれない」

と周囲にもらしているらしい。

ナ〇キとかと商談したくて、ウズウズしているらしい。

そんなホットな案件を早く見つけてきてくれと言われ続ける日々。

 

f:id:ushi-pei:20211231145735j:plain

10月の写真「あみプレミアム・アウトレット

11月→

もう1社、商談に追加(自分的には)

月100件くらいはテレアポを続けるスケジュールで、貴重な商談の方をより優先してコソコソと進めることにした。

 

みんな声聞かれるのが嫌なのか、会議室やテレワークでテレアポやってるらしいが、俺は自席でデカい声でテレアポを続けることにこだわる(カモフラージュのために笑)

 

f:id:ushi-pei:20211231145722j:plain

11月の写真「唐津くんち 14番曳山 七宝丸」

12月→

複数回の出張と、遂に例の商談1社のコンペがスタートし大変忙しいのだが、テレアポはなんとか100件をキープ。

下手にアポとって予定を埋めたくなかったので、絶対にアポとれなさそうな企業ばかりにかけた。ナ〇キとか

---

そして最終日の忘年会

色んな他部署の方から賛辞を受けた。承認欲求が満たされて素直に嬉しい。

同じ部屋にいる役員の方からも「彼はどの部署でもやっていける」とどえらい誉められた。自席でデカい声で電話かけ続けただけなのに(笑)
でもすごく有難い、異動キボンヌ!

 

上司は上司で他部署の方から

「電話営業ばっかしてるけど全然仕事とてない」

といじられていたので、ちょっとスカっとした。

 

f:id:ushi-pei:20211231145727j:plain

12月の写真「根津神社

最後に

一年間自席でデカい声でテレアポを続けたおかげで、

「今時テレアポて…」

と、問題視する人も社内にいるらしい。

 

ちなみにこの3年間テレアポからの新規受注はゼロ

更に言うとわが課の今年の新規受注もゼロ。

仕事がよい方に進んでいるところを俺はまだ身近で見たことはなく、これまで勤めた会社の中でいちばんやべー

 

---

 

そんなわけで俺は、

2022年も自席でデカい声で電話をかけ続けて、

テレアポという名のヘルプサインを社内外に発信し続ける所存です。